スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしひめたまを… 2

以前のエントリで、もし「あしかがひめたま」を主人公にして、東方Project風弾幕シューティングとして設定を作ったらどうなるか?ということを想定して設定を作りましたが、今回はその設定の元ネタ・モチーフになったものを晒してみたいと思います。
前回のエントリ(上リンクからどうぞ)の記事と並べて見比べて、「ここはこういうことだたのかー」とか色々思って頂けると幸せの極みです。

…とはいえ、ぎゅうぎゅうに詰め込んだものですから量が多くてとても一度には書ききれないので、書きあがったものから順番に晒していこうという方針にしました。ご了承ください。
↓ということでドゾー。↓
========================================================================================================
目次
0. タイトル・システム周りなど
1. ひめちゃん、たまちゃん関連
2. いくこ関連
3. さき関連
4. クーナ関連
5. やえ関連
6. しらたき関連
7. 賽河関連


========================================================================================================

0. タイトル・システム周りなど:

●たなぼし -織女の挑戦状-
・「たなぼし」…「七夕」と「星」から。「ひめたま」がひらがな四文字なので、それを踏襲。
・「-織女の挑戦状-」…"織姫"だと機神"おりひめ"の名前と被ってしまって色々不都合なので、あえて「織女(おりめ)」に。
七夕 - Wikipedia

テーマは「七夕」。足利の織姫神社ってその由緒は七夕とは全く関係しないので、どう足掻いても七夕ネタはあぶれてしまうわけです。
なので、もう一人の織姫を持ってくることでそちらにその属性を持たせて、そちらが牽引しつつひめちゃんも織姫のイメージをより強調できれば、と。
(元々、桐生の織姫はキャラ化したいと思って設定を作ってはいましたが)


●舞台設定
・夏なのは七夕に併せて。


●ステージ
・Stage1 鬼怒の窪
舞台は栃木と群馬。つまり下野(下家)と上野(上毛)。昔は併せて「毛野国(けのくに)」といった。
ステージ名の直接の由来は「鬼怒川」からだが、この鬼怒川も元々は「毛野川」に由来するという。つまり、"鬼怒=毛野"ということ。
あと、雷は怨霊や鬼の仕業とされることがあったので、「雷獣が出現するステージ→雷のステージ→鬼の文字が入った名前にしよう」という着想から、この名前に。"鬼の怒り"というといかにも雷っぽいでしょう?
鬼怒川 - Wikipedia
毛野国 - Wikipedia

・Stage2 雲河の畔
ステージ1が雷雲のイメージだったので、そこから遡る場所はやはり雲の中だろう、と。ファンタジー的に雲を地面に見立てて、雲は水蒸気の塊なのでその上に川が流れているという安易な発想。
雲河と書いて"うんが"と読ませれば、"運河"という単語が日本語にあるので音的には変でもないですし。

・Stage3 渡世の水穴
「渡世」は、このステージが栃木(下野)と群馬(上野)の境界線、つまり「一方の世界から異世界に渡って行くための場所」なので、「渡世」。
名前の由来はもちろん渡良瀬川。ただ、ステージ2が川のほとりだったので、ずっと川続きだと流れ的に退屈なので、洞窟(水穴)としました。洞窟が異世界に通じる境界として機能するモノであるから、より異世界へのゲート、という属性をステージに強く持たせるためにも丁度良いと思います。
渡良瀬川 - Wikipedia

・Stage4 桐源郷の峡
洞窟を抜けたらそこは異世界だった…よくある話です。
ここではその異世界を「桐源郷」と表記しました。むろん、桃源郷からの名前です。桐は桐生です。安易。
洞窟を抜けた先(より上流になってる)の川なので、川幅は細くなってます。なので峡谷。
桃源郷 - Wikipedia

・Stage5 機龍の上野
峡谷を抜けた先の平原がステージ5。なので「野」の文字をステージ名に入れたかった。もう群馬(桐生)なので「上野」としました。川の上流ですし。
「機龍」はもちろん「桐生」から。「機」は機織りの「機」からです。
「龍」はタナバタツメが水辺で神を待って機織をする巫女の性格を持っている云々の話から、水にゆかりあるもの、ということで。
上野国 - Wikipedia

・StageEx 桐源郷の峡 ~水源付近~
ステージ4、ステージ5のさらに上流です。
ボスが川の源流を探して旅した冒険家の子孫なので、源流まで近付いて貰いました。


●縁ゲージ
設定の方にも書いてありますが、「縁(えん)」と英単語の「engage」から。
ゲージをドーナツ状にしてリングに見立て、「エンゲージリング(婚約指輪)」っぽくしたわけです。
ただ、英語的にengage ringは誤りらしいですが。(正しくは(engagement ring)



========================================================================================================

1. ひめちゃん、たまちゃん関連:

●機神 おりひめ
・魂結の桜花…魂結とは、魂が肉体から離れないように繋ぎ止めるまじないのこと。縁結びの力の具現ということで。桜はひめちゃんの好きな花なので。霊的な力も持っているし。
たまむすび【魂結び】の意味 - 国語辞書 - goo辞書

・産霊結界・紅…産霊(むすび)とは、万物を生成・成長・完成させる力。詳しくは以下で。紅(赤)は織姫神社の社殿の色から。
むすひ - Wikipedia

・魂緒の罔…魂緒(たまお)は、魂と魄、あるいは魂と肉体を繋ぐものと考えられていたもの。これが切れると人は死ぬという。
罔(あみ)は網のことですが、"罔両(魍魎)"のイメージも若干持たせています。普通は妖怪ですが、一説には水の神とされることも。織姫は棚機津女ということで、水辺で神様を待っている女性のイメージが強いので、水属性の関係も連想させて。
タマノヲ【魂の緒・玉の緒】・ヲ【緒】
魍魎 - Wikipedia

・二二九度の契り…本当は三々九度。主に結婚式などの祝い事のときに行われ、両家を結ぶとも。そうした意味では縁結びに通じる。
肝心の「二二九」とは、いうまでもなく織姫神社の229段の縁結びの階段のこと。
三三九度 - Wikipedia


●門田 みたま
・美咲椿…椿はたまちゃんの好きな花。ミサキは神様の使いのこと。元々は神様(神霊)が出現する前に現れるてゐ的な存在の総称。稲荷神社では狐。
ミサキ - Wikipedia

・宇前白狐…宇前は"うのまえ"、つまり門田稲荷神社が門田郷にあったときから下野国一社八幡宮の境内にあった稲荷神社で、縁切りの神徳を持っていた神社の名前。
前を"さき"と読ませたのは、上のミ"サキ"を連想させるため。

・悪斬…たまちゃんの代名詞。なので特に言うことなし。

・三裂長船…「三裂(みさき)」は上のミサキ。文字だけ変えてみました。長船は下野国一社八幡宮の宝物殿に納められている宝刀、備前国長船。縁切りも相俟って「切る」イメージが強いので、ミサキに当てた文字も"裂"にしてみました。

・白狐操撃…白狐を操る攻撃なので。名前の直接の由来はゲームSOBSの技・白虎双撃斬から。

・大縁断…大円団をもじってみました。縁切りが強くなった感じ。



========================================================================================================

2. いくこ関連:

●足利 いくこ (足利 生子 / たるとし いくこ):名前
「足(たる)」は足りる、つまり満ち足りること。特に霊的な力が充足することを意味します。
「活・生(いく)」は霊的な力・成長の力が激しいことを意味します。例として、怒り("イカ"リ)、雷("イカ"ヅチ)などの"イカ"もこの"いく"に意味が通じており、それを表すようにみな激しい力を意味していることが分かります。
「利(とし)」は鋭利なことを表します。
霊力が満ちていて、鋭く、そしてその力が激しいモノ…そう、これらは「雷」を比喩した表現です。
つまり名前が既に「雷(雷獣)」であることを暗喩しているわけです。
で、足利の話なので「足利(たるとし)」としてみました。
後述しますが、栃木・群馬には雷が多いので、ご当地なキャラとして「雷」を持ってきました。

●足利 いくこ:設定
雷獣・雷ということで、好戦的な性格にしました。
松浦静山著である江戸時代の書物『甲子夜話』には、落雷のあった場所の近くにいた人は気が狂ってしまうことが多いが、トウモロコシを食べさせると治るという話を載せています。
また、雷獣の好物がトウモロコシである、という話も載っています。
これを現代風にアレンジして、コーンスナックが大好物という設定にしました。
雷獣 - Wikipedia

●足利 いくこ:プロフィール
・誕生日…七十二候←こちらのサイトによれば、春分の末候が3/31~4/4くらいとのことなので、その中間を取って4/2。日本での春分の末候は「雷乃発声」、つまり「遠くで雷の音がし始める」時季ということで、雷が生まれると解釈して、雷獣の誕生日として設定。
春分 - Wikipedia

・好きなもの…色はイメージカラー。トウモロコシは上述の設定の通り。カシは西洋で雷が好む(よく落ちる)木を考えられていたことから
雷獣 - Wikipedia

・苦手なもの…クワは雷除けの呪文である「桑原、桑原」から。優しさというのは性格から。
クワ - Wikipedia

・得意なこと…雷獣の性質から。

●足利 いくこ:外見
スナック菓子をいつも食べていて、子供っぽく好戦的な性格…この時点でイメージがだいぶまどマギの杏子に近くなってしまったのでそれをベースに。
イメージカラー(黄・紫)は雷のイメージから。

●足利 いくこ:技名案
[深山中怪音]…その昔、雷と流星はわりと近い存在でした。両方とも、天空で短い時間のうちに光り輝くものだからです。これは中ボスとして登場するときに使うことを想定した技なので、雷そのものというよりは天空に光り輝く現象全体をイメージしています。単刀直入にいえば雷じゃなくて流星のイメージです。
…それでも、ただの流星ではありません。さらにわき道にそれて天狗の説明をします。かなり回り道ですが、お付き合いください。
日本において天狗の言葉が初めて見られたのは、『日本書紀』の舒明天皇9年2月の記事です。
それによれば、大きな音をたてて落ちる流星を、旻(みん)という唐帰りの学僧が、「あれは流星ではない。天狗(あまつきつね)というものだ。」といったという。
つまり、このときは「"音を立てる流星"="天狗"」です。
天狗は時代が下るに連れて姿を変え、現在知られるような姿になりました。その途中では、ヤマビコのように山中で発生する怪音を天狗の仕業とすることがありました(『宇津保物語』や『源氏物語』)。
今回は、流星と天狗の連想と、この山中での怪音を発する天狗からイメージし、「山の中で発する怪音」を天狗という橋渡しを介することで流星、そして雷獣に持ってきました。
…ああ、遠かった(汗
あとは、山の奥で雷が鳴っている様子って単純に神秘的ですし。
天狗 - Wikipedia

[舒明九年の天狗咆哮]…上で説明した通り、天狗という文字が日本で最初に見えた事例です。

[雷獣皮の鼓轟]…雷神といったら太鼓を叩いて雷を発生させている様子が思い浮かぶので、その連想で「雷」「鼓」。キャラが雷獣なので、その獣の皮を張った太鼓なら雷鳴の音が出そうだな、という想像。

[神鳴さま雷都ニング]…栃木県の県庁所在地・宇都宮は別名「雷都(らいと)」と呼ばれます。それくらい、栃木・群馬、両毛地区は雷が多いのです。「雷(かみなり)」の語源は「神鳴り」であることと、電光を表す英単語lightning(ライトニング)、そして今の雷都を組み合わせて名前としました。

[ポイゾナスクロー]…『甲子夜話』では、落雷のあった場所の近くにいた人は気が狂ってしまうことが多い、という話が載っているのは先述しました。つまり、雷獣は精神に作用する毒を持っていると考えることもできます。その毒を使った爪の攻撃です。poisonous claw。

[マリシャスネイル]…上に同じ。malicious nail。

[雷獣昇電]…雷は別名「稲妻」というように、稲と通じて実りを豊かにする力を持っているという考えもありました。それに併せてか、落雷があった稲田はしめ縄を張って、落ちた雷が天空に帰れるようにするという儀式もあったようです。これは、それの雷獣バージョン。昇天の天(てん)に電(でん)の音を掛けて置き換えました。

[標張られし稲田]…上に同じ。「標」は「しめ」と読んでしめ縄のそれと同じ意味です。



================================================================================

3. さき関連:

●味槌 さき (味槌 沙記 / みずち さき):名前
「蛟(ミズチ)」は、端的にいえば竜の一種。ミズチの音は、「チ」はカグツ"チ"やイカヅ"チ"の"チ"のように霊的な存在を表す。つまり、水の精霊、といった意味。
詳しくは後述するが、栃木県ではウナギはかつて、全国的に見える蛇の信仰におけるそれのように、水神・水界の霊的な存在として見られ崇められていた。
よって、ウナギを以てミズチとしました。
さきはミサキ(詳しくはみたまの項目で)から。栃木県において、ウナギは虚空蔵菩薩の使いとされたため。
蛟 - Wikipedia

●味槌 さき:設定
ご当地キャラとして、栃木県におけるウナギの扱いをモチーフにしようとしてキャラクターを作成しました。
まず、現在の栃木県においては「星宮神社」という名前の神社がやたら多い。全国的に見ても群を抜いてというよりも圧倒的です。他の県が多くても2桁しか見えないのに、栃木県だけ3桁、という感じです。(他の場所にないというわけではない)

これらは日光・二荒山を拓いた勝道上人が虚空蔵菩薩信仰を持ち込んだのでは、ともいわれている。虚空蔵菩薩は庶民の間ではコクウゾウ(コクゾウ・コクソウ)の音から"国造"、"穀倉"として国土開拓や穀物の守護神的な存在として信仰を集めたとされる。
それが元々栃木にあったウナギを水神とする信仰を取り込んで、「虚空蔵菩薩は国土開拓・穀物の神でウナギを使いとする」という信仰として広まったとか。(なお、岐阜県など他の場所でも同じような信仰が見られるので、ウナギの信仰は栃木特有の信仰とも言い難い部分はあるのだが…まあ、これ以上突っ込むと本筋から外れるので、今回はこの説を取った、ということで / 汗)

虚空蔵菩薩は空海の虚空蔵求聞持法の説話などから金星と関連付けられる。
明治の廃仏毀釈によって上記の虚空蔵菩薩信仰の拠り所となったお堂は星宮神社と名前を変えて現在に至る、という。

この栃木での特徴的な「虚空蔵菩薩」「星」「ウナギ」「水神」の信仰をキャラ化したのが味槌さきである。

また、虚空蔵求聞持法が記憶力を高める法であったことから、頭が良い・勉強系のキャラという位置付けに。
虚空蔵菩薩 - Wikipedia
勝道 - Wikipedia
ウナギ - Wikipedia
空海 - Wikipedia

●味槌 さき:プロフィール
・誕生日…13日は虚空蔵菩薩の縁日。1月は足利では繭玉市があることから。
縁日 - Wikipedia

・好きなもの…色はイメージカラー。山芋は「山芋変じて鰻と化す」の熟語から。金星は虚空蔵菩薩に関連が深い星。

・苦手なもの…性格的に。

・得意なこと…性格と虚空蔵求聞持法から。

●味槌 さき:外見
星のイメージから手袋に星空を配したり。
イメージカラーは「紺」「金」。夜空と金星のイメージ。
あと、紺色の手袋やレギンスで服のボディラインへの密着度は高いのに肌の露出が低いのは、ウナギのヌルヌルとした膜の表現。全身タイツという案も没案にはありました…

●味槌 さき:技名案
[上天うなぎ昇り]…「うなぎのぼり」の熟語から。川を遡っている設定も併せて。
ウナギ - Wikipedia

[鰻の滝登り]…「登竜門」と「鯉の滝登り」から。
登龍門 - Wikipedia

[ブラインドタブー]…「(虚空蔵菩薩の使いである)ウナギを食べると盲目になる。そのため、一帯ではウナギを食べてはならない」とする禁忌が存在する、というタブーの信仰から。盲目のタブー、blind taboo。

[フォビドゥンイール]…上記と同じ。禁断のウナギ、forbidden eel。

[山芋ウナギと成る]…「山芋変じて鰻と化す」の熟語から。古来、山芋が変じて鰻になるのだという俗説があった。それより、つまらぬ者が立派になることを意味する諺。

[芋森弘法伝説]…足利市南大町に存在する芋森神明宮にまつわる弘法大師の石芋伝説から。ウナギというより、芋繋がり。
神明宮《ニホンカワモズクを育む湧清水》

[求聞持の星宮]…虚空蔵求聞持法、虚空蔵菩薩、星宮神社…という一連の信仰をそのまま名前に。

[明星メモパッド]…はい、当ブログの名前「宵明星のメモ帳」からです。このブログも、ここに書き留めたことを長く記憶できるように、とかそういった願いも込めて名前を付けたので。あとは地元のネタを書くに当たって栃木の地元密着感を出す(出てるのか?)ため、栃木の信仰をモチーフに名前を選んだ、という意味もあります。



========================================================================================================

4. クーナ関連:

●八谷 クーナ (八谷 久那 / やつたに くーな):名前
元ネタは
夜刀神 - Wikipedia←この神様。
「やと(やつ)」は谷などを意味する昔の関東の方言。その音(→やつ)を残しつつ、谷であることを分かりやすくするため、「谷」の漢字も残す方針。
そこで、「八谷(やつたに)」と音と漢字の両方を組み合わせてこのような苗字になりました。
「クーナ」は「久那斗(くなど)の神」から。
夜刀神 - Wikipedia
岐の神 - Wikipedia
ふなどのかみ【岐神】の意味 - 国語辞書 - goo辞書

●八谷 クーナ:設定
栃木(下野)と群馬(上野)の境界を守護する神様、ということで久那斗の神・塞の神・道祖神を基ネタにすることは決まっていました。
加えて、杖によって人と神の住む領域を分断された、まさに「境界」に纏わる伝説を持つ夜刀神を組み込みました。詳しくは上のそれぞれのリンクを参照。

●八谷 クーナ:プロフィール
・誕生日…塞の神・道祖神の要素から、道祖神に関係するお祭りであるどんと焼き(左義長)が行われる日付から。
左義長 - Wikipedia

・好きなもの…色はイメージカラー。もんじゃ焼きは、もんじゃ焼きから派生したといわれる食べ物に「どんどん焼き」というものがあることと、先の「どんと焼き」の語呂が似ていることから関連付け。湿気は…元が蛇なので。
もんじゃ焼き - Wikipedia
どんどん焼き - Wikipedia

・苦手なもの…性格的に。

・得意なこと…設定と元ネタ(塞の神・道祖神)から。

●八谷 クーナ:外見
神様ということと、境界の守護者ということで神官・神職さんのイメージ。
それに、山に住む山伏・修験者の格好をミックスさせてみました。
山伏 - Wikipedia

●八谷 クーナ:技名案
[世を渡す水穴]…「渡良瀬川」とステージ名「渡世の水穴」、またその設定から

[行方不明の水穴]…境界を超えて神隠しになってしまう人もいるという水穴。なので行方(ゆくえ)不明。一方で、現在も夜刀神が祀られる神社として知られる愛宕神社は茨城県行方(なめかた)郡に鎮座する。なので、「ゆくえ」と「なめかた」のダブルミーニング
夜刀神社

[道端の塞神]…細かいことは省きますが、集落の外部から災厄が入ってくることを防ぐ守護神である「塞(さい)の神」とその信仰から
岐の神 - Wikipedia
道祖神 - Wikipedia

[小道俣の岐神]…上に同じく。岐(ふなど・くなど)の神も塞の神と同じような神様。なお、こうした神様は世界と世界の境界線となる辻道(交差点)、つまりは道俣(ちまた)に祀られることもしばしば。なので「道俣」という単語を入れてみました。さらに、足利から桐生に行くとき、栃木と群馬の境界に隣接している町は「小俣(おまた)町」です。なので、「道俣」+「小俣」で「小道俣」という造語にしました。境界であることをより一層強調しています
岐の神 - Wikipedia

[注連の道切り]…「注連」は「注連縄(しめなわ)」のこと。神社では神域と俗世を仕切る境界を示す、つまり結界の指標となる道具。これも「境界」の属性を持っているものである。
 道切りとは、村(地域)の出入り口にあたる道や辻で行われる民俗習慣のひとつ(Wikipediaより)。集落(村)の外から災厄(疫病や魔物など)が入ってこないように結界を張る意味合いで行われる。
 注連縄で道切りを行って、境界を明確に示す、ということ
注連縄 - Wikipedia
道切り - Wikipedia

[双蛇臥道]…注連縄は一説に、蛇が絡み合った姿を模したものといわれる。なので、「双蛇」。これが「臥道」、つまり「道に伏せる」状態というのは、上と同じく注連縄が道を塞いでいる様子を表す。やってることは上と同じということ

[谷神の恨み]…「夜刀神」を「谷神」と書き換えただけ。その祟りということ

[奴神の祟り]…上に同じく「夜刀神」を「奴神」と書き換えただけ。朝廷から見れば蛮神なので、「奴(やっこ)」と蔑んでいることが垣間見えるネーミング
 なお、「恨み」「祟り」というのは、夜刀神が登場する『常陸国風土記』の中の箭括麻多智の言葉「冀くは、な祟りそ、な恨みそ」から
夜刀神 - Wikipedia

[夜刀・蛇]…夜刀神が蛇の神様であることから。二文字目が「刀」で、漢字三文字の名前ってなんとなく『刀語』に登場する完成形変体刀十二本のネーミングっぽいよね…

[夜刀・神]…そのまんま夜刀神



================================================================================

5. やえ関連:

●中村 やえ (中村 弥衛 / なかむら やえ):名前
元ネタは、元文3(1738)年に京都から桐生の一色にやってきて、周藤平蔵という人の下で沙綾機(さやはた(=高機(たかはた)))を組み立てて、紋織りの技術を伝授した中村弥兵衛その人。
名前からしてそのまんま
よのかるた
とのかるた

●中村 やえ:設定
設定も中村弥兵衛のまんまです

●中村 やえ:プロフィール
・誕生日…中村弥兵衛が桐生にやってきたのが元文3(1738)年といわれていることと、外見年齢が13歳くらいということで、「1・7・3・8」の中から「1・3」を抜いて、それをそのまま月と日に割り当てました。
よのかるた

・好きなもの…色はイメージカラー。しいたけは、桐生にしいたけ栽培などで有名な森産業があることから。桐は桐生の地名から。
森喜作 - Wikipedia

・苦手なもの…特に元ネタはなし。

・得意なこと…元ネタの人物からして。

●中村 やえ:外見
白瀧姫(しらたき)に仕えている、つまり神様に仕えているということで、天皇に仕える女性が着ていたという采女(うねめ)装束をほぼそのまま採用しました
あと、ひめちゃん・たまちゃんの二人はそれぞれの服に自分の神社の神紋がプリントされているので、それと同じノリで文様をくっつけようかと
采女装束 - Wikipedia
ファイル:Uneme-Fuku.JPG - Wikipedia
桐生市梅田町の探索 一番下に文様の参考が

●中村 やえ:技名案
[天の川行き撚糸シャトル]…撚糸は糸をよりをかけること。また、よりをかけた糸のこと
 シャトルは「杼(ひ)」のこと。織物を織るときの道具の一つ。外見が舟に似ている
 織物に使う道具であることと、名前がスペースシャトルのそれと同じであることから、舟の形であるシャトル(杼)をスペースシャトルのように使う、という発想
 一方、織物といえば織姫、織姫といえば七夕。ということでスペースシャトルとか星や宇宙の話題が出たら、織姫から天の川を連想するのは自然でしょう
 なので、シャトル(杼)で天の川へ行く、という連想に
シャトル (織物) - Wikipedia
スペースシャトル - Wikipedia

[生祀の織霊]…生き神を祭った社のことを「生祠(せいし)」または「生祀(せいし)」といいます。つまり、「生き神の社に宿る織物の神霊」という意味

[生祠栲機姫]…こちらは桐生市菱町に鎮座し、中村弥兵衛その人を祀った「生祠機神神社(拷機姫神社)」の名前をそのまま

[高機始動]…中村弥兵衛が組み立てたという高機(たかはた)を動かしてみました

[沙綾機稼動]…上に同じ。元ネタ・名前の欄で既述したように高機と沙綾機(さやはた)は同じものです

[紡がれた伝説]…特に元ネタというネタはなし。強いて挙げるならば、中村弥兵衛その人にまつわる伝説か

[織成された歴史]…上に同じ。中村弥兵衛の遍歴をテーマに

[一色の紋織り]…中村弥兵衛は一色(←※地名)に来て、紋織りを広めたというのでそれが元ネタ

[五彩の錦]…一色は地名ですが、字面だけなら「一つの色」とも解釈できます。それに対抗して五色です。派手なので織物も錦(にしき)にランクアップ

[紋織り弥衛の心意気]…桐生市の菱町に存在する「菱町かるた」の、中村弥兵衛が関係するものから
 「やへえ」の音を「やえ」にしてしまったので、5・6・5になってしまっているのが個人的に凄く気持ち悪いのですが、一文字だと他の単語で補いようもなく、そのままに…(汗
よのかるた

[色香残して機の音]…上に同じく。ただし、こちらは「よ」ではなく「と」から始まる別のかるた
とのかるた



========================================================================================================

6. しらたき関連:

●仁田 しらたき (仁田 白瀧 / にた しらたき):名前
桐生に伝わる白滝(白瀧)姫伝説から。(詳しくは下のWikipedia(桐生織)の記事参照)
苗字は桐生、川内の山々を見て「京都で見ていた山に似た山だ」と白滝姫が言ったことから、その地域を「仁田山」といったという内容があり、この「仁田」から。また、特産品となった絹織物のことを「仁田山紬」と称するようになったため、これも織物と密接に関連した名前といえる。
桐生織 - Wikipedia
白瀧神社
白瀧神社
白滝神社

●仁田 しらたき:設定
上記の白滝姫伝説がそのままモチーフ。
それに加えて、
・足利に隣接すること
・足利と同じく織物で発展した町であること
この二つから、「足利の織姫(ひめちゃん)のライバル」というポジションのキャラが上手く作れそうだと思ったことから作成。これに当たって、ひめちゃんが積極的にライバル視して云々という性格には見えないので、ひめちゃんに積極的に絡む性格のキャラとして設定。…その結果がいつも敵視して突っかかって、でも空回りして失敗するという典型的なノリに。

それともう一つ。足利の織姫神社の由緒を見ると分かる通り、ひめちゃんは七夕とは直接の関係がありません。なので、オリジナルの織姫を作ってそちらに七夕の属性を付与させよう、という考えもありました。

●仁田 しらたき:プロフィール
・誕生日…単純に七夕から。あとは、白滝姫が天平宝字年間(757~765)に生まれたという説があることから、天平宝字年間の始まりである757年の数字から7を採った、というのも一つの要因。

・好きなもの…色はイメージカラー。焼きまんじゅうは群馬の名物にしてソウルフードだろうということで。また、中華文化圏で朝顔は別名「牽牛」ということから、日本で江戸時代には牽牛と織姫の関連から朝顔の花を「朝顔姫」と呼ぶようになったとか。なので、七夕の織姫を仮託するに当たってそのシンボルとして朝顔を取り入れました。
アサガオ - Wikipedia

・苦手なもの…京都に生まれた、ということで都会育ちのイメージ。そのイメージから花粉症を持っていそうだな、という安易な発想。

・得意なこと…元ネタの人物からして。

●仁田 しらたき:外見
ひめちゃんのライバル、かつ、同じ織姫ということでひめちゃんの服装を意識してみました(怖いけど)。髪の毛を七つに分けているのは七夕に「七」が入っているから。それと、織物が得意ということで、やはりひめちゃんと同じく「何かを編みこむ」ことは得意だろうということで三つ編みを取り入れたかった、というのもあります。そうしたら複雑な髪型に…
 朝顔の柄に関しては上述。
 あとは能動的に動くタイプなので基本的に裾などは短めに。
 緑色を取り入れたのは、赤色に対する対抗です。

●仁田 しらたき:技名案
[天より注ぐ白瀧]…"白滝"姫の名前と、七夕→天の川の連想から。天の川が地上へ降り注ぐ巨大な滝になっているイメージ。

[銀河落九天]…李白「望廬山瀑布」にある「疑是銀河落九天(うたごうらくは これぎんがの きゅうてんよりおつるかと)」から。廬山(ろざん)の滝が、天空の一番高いところから天の川が落ちてきたのかと疑うほど大きい、ということを言い表している。
漢詩の世界1(望廬山瀑布)

[岩中の機怪音]…白滝姫の亡き後、天から落ちてきたという岩の近くに埋葬して機織神として祀ったという。また、岩からは機を織る音が聞こえていたが、あるときゲタをはいて岩にのぼった者がおり、それ以降聞こえなくなったという伝説がある。
「機械」と「奇怪」が同じ音なので、合わせて「機怪」とした。「奇械」でないのは、「機」が機織の「機」に通じ、こちらの方が「機械」と「奇怪」、そして「「機」織り」と意味を複数重ねることができたため。
桐生織 - Wikipedia
白瀧神社

[オートマティックルーム]…上述の伝説と関連付けて。自動化された機織り、automatic loom。roomをミスリードさせるようにネーミングしましたが、正しくはloomです。

[五彩の短冊]…七夕の風習から。様々な色の短冊。「五彩(ごさい)」は青・黄・赤・白・黒の五色のことで、五行とも関連付けられる。
ご‐さい【五彩】 の意味とは - Yahoo!辞書

[七夕色の願掛]…先は「五彩(五色)」だったので今度は「七色」。ただし七繋がりで「七色」+「七夕」。七夕色とはどのような色なのか。きっと天の川の色のように無限の星々によって彩られた色だろう、と。

[メテオライトブラスター]…七夕の牽牛星(彦星)と織姫星、という星の繋がりで今度は流れ星。隕石の荒れ狂い、meteorite bluster。何とかライトブレイカーに名前が似てないこともない。

[鵲橋崩落、七夕涙雨]…鵲(かささぎ)は、日本では天の川に掛かる橋となった鳥として知られる。その橋は崩れ、七夕は涙の雨。それ(鵲も涙の雨も)即ち地上に降り注ぐ隕石群。というイメージ。
暦の関係で、七夕の頃は雨が多いとされているし。
カササギ - Wikipedia

[洗練の仁田山紬]…名前の項で触れたように、白滝姫伝説より仁田山の特産品となった絹織物は「仁田山紬」というようになったことから。

[活況の沙綾市]…沙綾(さや)とは、絹織物の一種。現在の桐生市は、毎月第一土曜日に「買場沙綾市」という市を開いており、ここでの沙綾市とはそれのこと。
天神通りでは織物だけでなく、様々なものが並んでいる。
綺 - Wikipedia
買場紗綾市
桐生市 [ 買場紗綾市(かいばさやいち) ]

[流転のミルヒシュトレーセ]…ミルヒシュトラーセ(Milchstrasse)はドイツ語で天の川のこと。直訳は乳の道。

[渦巻のギャラクシュトローム]…ギャラクシュトロームはギャラクシー(Galaxy)+メイルシュトローム(maelstrom)の造語。
何となくシュトレーセとシュトロームの語呂が似ていたのと、銀河が渦巻き状(渦巻き銀河なら)のイメージなので渦巻きの単語と合体させてみました。
メイルストロム - Wikipedia




========================================================================================================

7. 賽河関連:


●張賽河 (張 賽河 / ちょう さいが):名前
中国、前漢代の人物である張騫(ちょう けん)がモチーフ。
史実では匈奴対策のため大月氏のところに派遣されたのですが、伝説では黄河の源流を探し出せ、という命令を受けて天の川まで辿り着き、牽牛と織女の逢瀬に遭遇してしまった、という説話を持っていたり。
詳しくは下記参照。
張騫 - Wikipedia
張騫が西域に派遣される地域地図
張騫と日本の伝説 | シルクロード日誌
tana0906c

名前はこの張騫が元。「張」は苗字としてそのまま使用しました。また、「騫」に関してはこれと似た文字、かつ、川に関連するものということで「賽の河原」から。
天の川、ということはある意味この世を通り越して異世界に達してしまっているので、まあそんなイメージ。
三途川 - Wikipedia

●張賽河:設定
上記の伝説をそのまま採用。ただし、本人ではなくその子孫としました。
元々、今回は「七夕」がテーマだったので、七夕に関連するモチーフを使うとしていました。
さらに、七夕から星にまつわるネタも使いたいと思いました。しかしそうすると各ネタを引き出すことが自然にできるキャラでなければなりません。
そう考えたとき、あちこち行った冒険者ならば各地の珍品・宝物に関する知識もありそう、ということで抜擢。
さらに、そうした珍品・宝物をたくさん持っていそうなイメージにする為に職業を骨董商人にしました。

●張賽河:プロフィール
・誕生日…張騫の没年、紀元前114年から。
張騫 - Wikipedia

・好きなもの…色はイメージカラー。中国なので月餅。あとは、設定から珍品(レアアイテム)・宝物の類が好き。

・苦手なもの…設定から。

・得意なこと…元ネタの人物から。あとは設定から。

●張賽河:外見
上記伝説より、かなり長い間旅をしていたと思われるので旅人、そして商人の設定から重装備のリュックがまず上がりました。
後は中国っぽい、というイメージから、キョンシーや道士といったメディアで比較的取り上げられやすい格好である清時代の服装をベースに服装をイメージしました。
…時代的には全然違うのですけど、そこはツッコまない方向で(汗

●張賽河:技名案
[張騫の朽木]…天の川まで朽木(あるいはイカダ)に乗って旅したという張騫。その伝説の朽木。
張騫と日本の伝説 | シルクロード日誌
tana0906c

[アサシンピラー]…丸太(のようなもの)に乗って移動する人物、ってどこかで見たことがありませんか?ということでそのパロディネタ。あれは丸太ではなくて柱ですけど。暗殺者の柱、assassin pillar。

[シルキーウェイ]…Milky Way(天の川)とシルクロード(silk road)を合成してみました。大いなる天の川の行商の旅路。絹の道、silky way。
天の川 - Wikipedia
シルクロード - Wikipedia

[ミルキーストリート]…上記と同じ発想。乳の道、milky street。

[黄河の源泉]…伝説では張騫は黄河の源泉を見つけて来い、という命令を受けたので。天の川(一つ前の技)を経て無事に辿り着いた、という流れです。

[天漢の源泉]…天漢は銀河のこと。上の上位ということで黄河ではなく、天の川の源泉。

[織女の支機石]…ここからは行商パートです。つまり、レアアイテムを見せびらかし、売込みを始めます。まずは天の川で牽牛と織女に会ったという張騫は、織女から機(はた)の部品である支機石を証拠としてもらったといいます。天の川を遡って織女に会ったという証の一品です。

[西王母の華勝]…支機石は後の伝説上の女性にもキーとなる道具として受け継がれたようです。かの有名な西王母の華勝(髪飾り)も元は支機石で、それが時代を経て変化した持ち物ではないかといわれることもあるようです。これはその一品。
西王母 - Wikipedia

[ステラ・マリス]…星にまつわるレアアイテムをさらに取り出します。これは、洋の西の聖母マリアを象徴するといわれる星、またはその星を象った紋章です。海の星、stella maris。
海星 - Wikipedia
アヴェ・マリス・ステラ - Wikipedia

[スターフィッシュ]…地表にある海の星、それすなわち…ヒトデなり。starfish。

[スーブニールオブハヤブサ]…小惑星の探査に赴き、話題を呼んだ探査機・はやぶさ。その持ち帰ったお土産。はやぶさのお土産、souvenir of Hayabusa。
はやぶさ (探査機) - Wikipedia

[エアロライトイトカワ]…上記のはやぶさが探査したのは、周知の通りイトカワという名前の小惑星。イトカワ隕石、aerorite Itokawa。
はやぶさ (探査機) - Wikipedia

[護呪の七星剣]…北斗七星を刻み込んだ剣の総称。道教思想に基づく。日本では聖徳太子が佩いたというものが有名。
七星剣 - Wikipedia

[神護の丙子椒林剣]…同じく聖徳太子にまつわる剣として有名な丙子椒林剣(へいししょうりんけん)。こちらは星とは関係ないが。
丙子椒林剣 - Wikipedia

[チュンの流星錘]…有名なジャッキー・チェンが使ったという流星錘。…かと思ったら、微妙に文字が違う。どうやらパチモノのようだ…。
流星錘(りゅうせいすい)は投擲武器の一種。
流星錘 - Wikipedia

[モルゲンシュテルン]…Morgenstern(ドイツ語)。いわゆるモーニングスターのこと。
モーニングスター - Wikipedia
モルゲンシュテルン - Wikipedia
フレイル - Wikipedia

[ベイリーチャプレット]…皆既日食に際して、その直前・直後に月の輪郭の谷間のみから太陽の光が漏れ、それが数珠状に連なって見える現象を「ベイリの数珠」という。
名前はイギリスの天文学者、フランシス・ベイリーに拠る。chapletも数珠のこと。
フランシス・ベイリー - Wikipedia
ベイリー‐の‐じゅず【ベイリーの数珠】 の意味とは - Yahoo!辞書

[ベイリーコンタス]…コンタス(コンタツ)も数珠のこと。つまり、言っていることは上と同じ。
コンタツ【(ポルトガル)contas】 の意味とは - Yahoo!辞書

[南斗の碁石]…『捜神記』「北斗南斗桑下囲棋」という話には、碁を打っている南斗・北斗のところに寿命を延ばしにやってくる男の話が見える。
そのときに打っていた碁。南斗は生を司るといわれているので、きっと碁石は白いだろう。
爛柯 - Wikipedia
捜神記 - Wikipedia

[北斗の碁石]…上記の伝承と出典を同じくする。北斗は死を司るといわれるので、その碁石はきっと黒いだろう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
kagasea on Twitter

kagasea < > Reload

プロフィール

kagasea

Author:kagasea
名前について:kagasea (kagase@とも。ここでは@が使えなかったのでkagasea。読み方はどちらも「かがせあ」で。)

経緯:ひめたまが始まってわりとすぐ(2010年夏の花火の頃)から知ってはいたものの、ずっと静観していた人間。関連イベントにはちょこちょこ足を運んでみたりして徐々に染まって行きました…。

補足:元々ゲームなどの設定の元ネタを発掘するのが趣味で、その関係で神社や仏閣の知識もほんの少しだけある(と思います)。
その辺から色々妄想したりしてネタを書き留めていきます。

  • 当サイトはリンクフリーです。バナーはありませんが…。
  • IE8, Chrome10.0.648.205, Operaなどでは正常に動く様子。
  • Mozilla FireFox ver3.6だと何故か型崩れする現象が確認されています。同ver 4.0だと大丈夫な模様。



twitterもやっています。
というかこちらがメイン。
twilog twitterの呟きをblog形式で保存。


思い付いたひめたまの妄想ネタを呟くbotもやってます。
二次創作のネタとして使って頂ければ幸いです。

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。