スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Let's chall-lemon-nge!!

今日は暖かかったですね。のどが渇いてコンビニに寄ったら、飲み物コーナーに置いてあったブツが目に留まりました。
そういえば、今まで飲んだことがありませんでしたね。

lemon110424.jpg
はい、いわゆるレモン牛乳っていうやつです。
こちらの正式な商品名は「関東・栃木レモン」
Wikipediaに拠れば、レモン牛乳は2社のメーカーが製造・販売しており、うち片方は宇都宮近辺、ないし栃木県内の一部のコンビニでしか手に入らないようで、レアものらしいです。
こちらはそれに比べればまだ入手難易度は低め、ということになりましょうか。

最近は某漫才コンビもネタに使っていたりしたことでメディアでも取り上げられるようになってきたレモン牛乳。
しかし正直栃木県は栃木県でもココは辺境。
逆にメディアで取り上げられるまではまったくレモン牛乳について知らない状態の人もいました。
そう、栃木県民だからと言って、すべての栃木県民がレモン牛乳を知っているわけではないのです。

…まあそんなこともありまして、人生初挑戦です。

買ったのは控えめに200ml。これで90円。
まあチャレンジするには手頃な値段かな、と。

…結果。
上のWikipediaの記事にも書かれていますが、レモンらしい味、というか酸味は感じられませんでしたね…(汗)。
というのも、写真の下部に「無果汁」と書かれているように、レモンの成分は乳成分を分離してしまうのでレモンの果汁の入った乳飲料というのは不可能だそう。
つまりあくまでレモン風味、ということなのですね。
あ、現在着色料は天然着色料(紅麹・紅花黄)を使用しているようです。

それと、いつの間にか「関東・栃木イチゴ」なる近縁種も存在していました。
こちらはレモンの果汁のように乳性分を分離することもないようで、ちゃんと果汁3%入り、と表記されていました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
kagasea on Twitter

kagasea < > Reload

プロフィール

kagasea

Author:kagasea
名前について:kagasea (kagase@とも。ここでは@が使えなかったのでkagasea。読み方はどちらも「かがせあ」で。)

経緯:ひめたまが始まってわりとすぐ(2010年夏の花火の頃)から知ってはいたものの、ずっと静観していた人間。関連イベントにはちょこちょこ足を運んでみたりして徐々に染まって行きました…。

補足:元々ゲームなどの設定の元ネタを発掘するのが趣味で、その関係で神社や仏閣の知識もほんの少しだけある(と思います)。
その辺から色々妄想したりしてネタを書き留めていきます。

  • 当サイトはリンクフリーです。バナーはありませんが…。
  • IE8, Chrome10.0.648.205, Operaなどでは正常に動く様子。
  • Mozilla FireFox ver3.6だと何故か型崩れする現象が確認されています。同ver 4.0だと大丈夫な模様。



twitterもやっています。
というかこちらがメイン。
twilog twitterの呟きをblog形式で保存。


思い付いたひめたまの妄想ネタを呟くbotもやってます。
二次創作のネタとして使って頂ければ幸いです。

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。