スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

序 (足利の民俗)

先日、個人的に衝撃的な出来事があった。
図らずも「かつては存在していた神社が、今は跡形もなくなっている」という話を生で伺う機会を得たのだ。

これまでも、神社を探しても社祠が見付からない、ということは数度あった。
しかし、それらはいずれも付近の方々も存在を知らないということが多く、今現在存在するかどうか分からない、という未確定の状態で、胸の内に曖昧なものを抱えて終わっていた。
今にして思えば、「知っている人がいない」という状況の方が危機的ではある気はするのだが、確定に至らなかったことは「もしかしたらまだ発見できていないだけで、どこかにあるのではないか」という一縷の希望を抱く余地を生じさせてしまい、実感に至らなかったのかもしれない。

そのような中で、直に「今はない」という話を聞いたことは、衝撃的だった。
何より驚いたのは、自分がそのことに対して自分が思っていた以上に衝撃を受けていたことだった。


もしかしたら、目の前に今まさに失われようとしている寺社や民間信仰、伝承が存在するならば、何らかの形で書き留めておきたいという思いに至った。
所詮は個人が趣味で集めた情報ではあるものの、集めただけでなく、自分の手で書いたものを残したいとも思った。
よって、カテゴリ「足利の民俗」に、足利に伝わる伝承や民俗・土俗・俗信・迷信、また小祠、石碑などの情報を掲載していこうかと思う。
筆の進捗は非常に遅々としたものになるとは思うものの、何とか頑張ってみようと思う。


----------
…と堅苦しく書いてみたものの、要は「足利の民俗について知ってることを書き連ねていこう、と思い立った」というだけです。
きっかけやその後ちょっとありましたけど。
このテーマについて話すときは「足利の民俗」のカテゴリを使いたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
kagasea on Twitter

kagasea < > Reload

プロフィール

kagasea

Author:kagasea
名前について:kagasea (kagase@とも。ここでは@が使えなかったのでkagasea。読み方はどちらも「かがせあ」で。)

経緯:ひめたまが始まってわりとすぐ(2010年夏の花火の頃)から知ってはいたものの、ずっと静観していた人間。関連イベントにはちょこちょこ足を運んでみたりして徐々に染まって行きました…。

補足:元々ゲームなどの設定の元ネタを発掘するのが趣味で、その関係で神社や仏閣の知識もほんの少しだけある(と思います)。
その辺から色々妄想したりしてネタを書き留めていきます。

  • 当サイトはリンクフリーです。バナーはありませんが…。
  • IE8, Chrome10.0.648.205, Operaなどでは正常に動く様子。
  • Mozilla FireFox ver3.6だと何故か型崩れする現象が確認されています。同ver 4.0だと大丈夫な模様。



twitterもやっています。
というかこちらがメイン。
twilog twitterの呟きをblog形式で保存。


思い付いたひめたまの妄想ネタを呟くbotもやってます。
二次創作のネタとして使って頂ければ幸いです。

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。